高橋選手が代表入り 卓球・東アジアホープス

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 卓球の男子ホープス(小学5、6年生)日本代表に二本松市の高橋航太郎(11)=二本松卓研スポ少=が選ばれたことが18日、分かった。高橋は中国や韓国などでの合宿や中国・上海で開かれる東アジアホープス大会(8月26~30日)に参加する。選考会は都内で11~15日に開かれ、全国の24人がリーグ戦で争い、上位9人が代表に選ばれた。高橋は17勝6敗で5位だった。

 全日本卓球選手権などへの出場経験がある父隆志さん(43)らの影響で4歳から卓球を始め、ドライブが武器という。高橋は「とても楽しみ。カットマンには負けたくない」、隆志さんは「日の丸を背負う厳しさに耐えなければならないが、成長が楽しみ」と話した。

 二本松卓研スポ少の大藤務団長は「東京五輪を狙える逸材。世界で戦い、飛躍してほしい」と期待した。