聖光学院が福島東に3-0で快勝 Fリーグ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―福島東】前半ロスタイム、先制ゴールを決めたMF丹野〈8〉=福島市・十六沼公園サッカー場

 18歳以下のユース世代を対象にした高校サッカーのリーグ戦「高円宮杯U―18サッカーリーグ2016県リーグ」(通称Fリーグ)は23日、福島市の十六沼公園サッカー場などで1部(F1)2部(F2)の第3節の各5試合が行われた。F1は聖光学院が3―0で福島東に快勝。尚志セカンドと富岡は1―1で引き分けた。

 県サッカー協会の主催、福島民友新聞社、福島中央テレビ、読売新聞東京本社福島支局の共催、同リーグ実行委員会の主管、県、県教委、県体協などの後援、モルテン、ミカサ、大塚製薬の協賛。

 丹野の先制点口火

 前半ロスタイムの先制ゴールで勝利を呼び込んだ聖光学院のMF丹野浩規(3年)「なんとしても先制したかった」と振り返った。

 聖光学院は前の2試合では勝ってはいたが、いずれも先制を許して追う展開。この試合も序盤から何度も決定機が訪れたが、決めきれずにいた。

 苦しい状況が続いた中、丹野は46分、コーナーキックに頭で合わせ、チーム待望の先制点を生んだ。「チームを楽にしたい」という一心だった。

 3連勝と波に乗るチームの次の相手は昨年王者の尚志セカンド。丹野は「格上であることは分かっているが、負けるとは思っていない」と闘志を見せた。