首位聖光学院、3-0で尚志セカンド下し開幕4連勝 Fリーグ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【尚志セカンド―聖光学院】後半、右サイドを駆け上がる聖光学院のFW青木=尚志高

 18歳以下のユース世代を対象にした高校サッカーのリーグ戦「高円宮杯U―18サッカーリーグ2016県リーグ」(通称Fリーグ)は29日、郡山市の尚志高などで1部(F1)2部(F2)の第4節が行われた。F1は、聖光学院が3―0で尚志セカンドを下し開幕4連勝で首位を守った。湯本は3―0で学法石川に快勝した。県サッカー協会の主催、福島民友新聞社、福島中央テレビ、読売新聞東京本社福島支局の共催、同リーグ実行委員会の主管、県、県教委、県体協などの後援、モルテン、ミカサ、大塚製薬の協賛。

 青木、全得点に絡む

 「尚志が相手で意識した。自分の印象を残して勝ちたかった」。聖光学院のFW青木汰百(たいと)(3年)は2ゴール、1アシストと全ゴールに絡む活躍。ライバルチームを相手に輝きを放った。

 勝負どころで一発で決め、チームに勢いをもたらした。一進一退の攻防が続いた前半23分、聖光学院は中盤でボールを奪うと、カウンター攻撃を仕掛けた。

 MF坪佳侑(2年)からボールを受けた青木はスピードのギアを上げ、ワンタッチで相手DFを振り切りシュート。「流れのいいところで決められて良かった」と先制点を喜んだ。

 「全国に行くには尚志が壁となる。今後も点を取り続けて力を付けていきたい」。山田喜行監督から「攻撃の柱」と期待されるエースがさらなる成長を約束した。

民友セレクション