「一日一日頑張りたい」 福島市出身・スキー佐藤選手、来季へ抱負

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
抱負を語る佐藤瞳選手

 フリースタイルスキー・スロープスタイルで日本オリンピック委員会の2015(平成27)年度五輪強化指定選手に選ばれた福島市出身の佐藤瞳選手(ウェルズホーム)は2日、シーズン終了あいさつのため福島民友新聞社を訪れた。佐藤選手は来シーズンに向けて「良い報告ができるよう一日一日頑張りたい」と抱負を語った。

 韓国・平昌(ピョンチャン)で2月に開かれたワールドカップで16位に入ったほか、スイスで3月に開かれた国際スキー連盟(FIS)のレースでは6位となった。18年の平昌五輪出場を目指している佐藤選手は「強化指定選手となり、ヨーロッパチームの練習にも参加した。自分の課題も明確になったシーズンだった」と振り返った。

 今後は国内を中心に、来シーズンに向けたトレーニングに取り組む予定という。
 佐藤選手後援会の尾形武、三島昭二の両顧問が同行した。

民友セレクション