福島ホープス逆転負け ボウカー適時打2本 

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―富山】6回に崩れたものの、5回まで2失点と力投した福島の高橋元=白河グリーンスタジアム

 (7日・白河グリーンスタジアムほか=4試合) 福島ホープスはホームで富山GRNサンダーバーズ(富山)と対戦、8―13で逆転負けした。通算成績は5勝7敗で、順位は東地区4チーム中3位。福島は8日に同スタジアムで行われる次戦で福井ミラクルエレファンツ(福井)と対戦する。午後1時開始予定。

 この試合2本の適時打を放ち、存在感を発揮した福島のボウカーは「ヒットをイメージして変化球を狙った」と振り返った。

 相手の先発投手の立ち上がりを攻めようと、初回の第1打席は初球を狙いにいった。逆転されて迎えた七回の第4打席では「ホームランなど長打は狙っていなかった。つなぐことを意識していた」と、思い描いていた変化球のカーブにバットを合わせた。

 「勝てる試合だった」と敗戦の悔しさをにじませたボウカーだったが、「あしたの試合に勝つことだけを考えたい」とすぐに気持ちを切り替えた。