佐藤勇『ほろ苦初先発』 光南高卒、西武4年目

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 西武の4年目、佐藤勇(光南高卒)はプロ初先発して4回1/3を6安打5失点でプロ初黒星を喫した。「楽しみながら投げようと心掛けた」と言うが、制球に苦しみ、1―0の2回2死一、二塁で甘く入った変化球を茂木に右翼席へ運ばれた。5回に2連続四球を与えるなど1死一、二塁としたところで降板した。ウィーラーから直球で空振り三振を奪うなど持ち味の切れのある球も披露した。それでも「四球で走者をためた点は反省。次、機会があればしっかりとした投球をしたい」と悔しそうに話した。

 佐藤にとってはほろ苦い先発デビューとなったが、母久江さんは、プロになった息子を初めて球場で観戦し「たくましくなった姿を見られてうれしい。試合は残念だったが、また頑張ってほしい」と感極まった様子。光南高時代に指導した菅波智之船引高監督は、「落ち着いて投げていた。登板機会をもらったことに感謝し、この経験を糧に成長してほしい」と一層の活躍を願った。