福島ホープス、楽天2軍に3-4で惜敗

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―楽天】5回福島2死一、二塁、同点に追い付く3点本塁打を放つボウカー=開成山球場

 (13日・開成山球場ほか=5試合) 福島ホープスはホームで楽天2軍と対戦、一時は同点としたが終盤に勝ち越しを許し、3―4で敗れた。通算成績は6勝8敗で、順位は東地区4チーム中3位。次戦は16日、ビジターのみどりと森の運動公園球場(新潟市)で新潟アルビレックスBCと対戦する。午後6時開始予定。

 2戦連発、主砲に勢い

 福島の主砲のバットが上昇気配だ。ボウカーが放った2試合連続となる本塁打は、同点に追い付く貴重なアーチ。「いい本塁打だった」と自画自賛する一打だった。

 「内角の球を強くたたく」と、日ごろの岩村監督の指導を象徴するような一発だった。5回2死一、二塁の好機で打った球は、内角のチェンジアップ。甘い球を見逃さずに振り抜いた打球を右翼席へと突き刺し、「タイミングも良かった」と納得の表情だ。

 次戦に向け、「ベストを尽くす」とボウカー。負けが先行する中、4番のバットにかかる期待は日に日に増している。