福島ホープスが群馬と対戦、0-2で完封負け

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―群馬】1回表福島2死一塁、ボウカーが右前打を放つ=桐生球場

 (4日、桐生球場ほか=3試合) 福島ホープスはビジターで群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し、0―2で完封負けを喫した。
 福島は初回、貴規、ボウカーの連打でつくった2死一、二塁の先制機に後続が凡退。4回にはボウカーの二塁打、7回には生島の三塁打を放ったが、あと一本が出ず、7回2失点と好投した先発大家を援護できなかった。

 通算成績は13勝13敗1分けで東地区4チーム中、3位となった。次戦は5日、ビジターの城南球場(群馬)で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。午後1時開始予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が「2連覇」、日大東北の反撃ムード断ち切る 秋季高校野球県大会

民友セレクション