福島ホープス『白星』発進 「ルートインBCリーグ・後期」開幕

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【武蔵―福島】6回表福島2死一塁、宮之原の適時三塁打でホームにかえった笹平(左)=熊谷さくら運動公園球場

 前期東地区4チーム中2位の福島ホープスは25日、ビジターの熊谷さくら運動公園球場で武蔵ヒートベアーズ(埼玉)と対戦、9―4で武蔵を下し、後期開幕戦を白星で飾った。

 福島は次戦の26日、ホームの開成山球場(郡山市)で武蔵と対戦する。午後1時開始予定。

 主将・笹平、ここぞの一打

 主将の勝利への執念が流れを呼び寄せた。2点リードで迎えた6回、3番手で登板した武蔵の戸谷亮太を前にチームは2者連続三振。「弱気で行けば流れが傾く。思いっきりいこう」。笹平拓己は1ボールからの2球目のスライダーに、体勢を崩しながらもうまくバットを合わせた。

 続く宮之原健に適時三塁打が飛び出し、ホームイン。岩村明憲監督は「2死からの一打は投手にプレッシャーを与えた。積極的で良かった」と主将の一打をたたえた。

 守っては制球に苦しんだ高塩将樹を好リード。「高塩と一緒に試合をつくろうとプレー中も話し合いを重ねた。打撃でも得点に絡んで助けることができた」と、好守にわたる勝負所での貢献に胸を張った。

 「9番打者として、捕手として、自分が動けば試合の流れも変わる。前期とは違う戦いぶりを見せたい」。笹平がチームを先導していく。

民友セレクション