福島南高・水野がバスケU18代表 「他の選手生かすプレー見せたい」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本バスケットボール協会は29日、男子U―18(18歳以下)日本代表選手12人を発表し、県勢は水野幹太(福島南高3年)が選ばれた。代表チームは7月22~31日にイランで開催される「第24回FIBA ASIA U―18男子バスケットボール選手権大会」に出場する。

 水野は身長182センチのガード。「自分の仕事をして、得点も狙っていきたい」と意気込みを語った。

 福島南高は、全国高校総体(インターハイ)に出場する。インターハイの1、2回戦が代表の日程と重なるため、水野不在の挑戦となる。ただ、同校は水野が代表合宿で欠場する中、東北大会を制しており、水野は「自分が戻るまで勝ち続けていると信じている」とチームへの信頼を口にする。

 初めて日の丸を背負って戦う。「他の選手を生かすプレーを見せたい」と世界の舞台での活躍を誓った。

民友セレクション