「ゼーヴィント」が重賞初V 福島競馬場で『ラジオNIKKEI賞』

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ラジオNIKKEI賞を快勝した戸崎騎手(左)とゼーヴィント

 第65回ラジオNIKKEI賞(1800メートル芝16頭、G3)は3日、福島競馬場で行われ、1番人気のゼーヴィント(戸崎圭太騎乗)が1分47秒0で優勝した。ゼーヴィントは重賞初挑戦で初制覇、通算6戦3勝。戸崎騎手はこのレース2012年ファイナルフォームに続いて2勝目。

 ゼーヴィントは中団を進み4コーナー内側で包まれ窮屈になったが、残り200メートル付近で進路が開くと末脚を伸ばし、先行して抜け出しを狙った9番人気ダイワドレッサーを1馬身1/4差し切った。3着は5番人気アーバンキッド。戸崎騎手はこの日4勝の固め打ちで今年99勝(3日現在)。早くも100勝に王手をかけた。

民友セレクション