福島ホープスが4連勝 新潟と対戦、3-2で接戦制す

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【新潟―福島】8回表福島無死、岡下が勝ち越しの本塁打を放つ=三条パール金属スタジアム

 (7日・三条パール金属スタジアムほか=2試合) 福島ホープスはビジターで新潟アルビレックスBCと対戦、3―2で接戦を制し、後期開幕4連勝とした。  福島は3回、先頭の佐々木が三塁打を放ち、続く貴規の犠飛で先制。同点に追い付かれて迎えた6回には小倉の右越え本塁打で追加点を奪いリードした。直後に再び同点とされたが、8回に岡下が勝ち越しの左越え本塁打を放ち試合を決めた。先発大家は5回2安打1失点の好投。リリーフ陣も最少失点に抑えた。  

 通算成績は4勝で東地区4チーム1位。福島は次戦の8日、ホームの西会津町・福島ホープス西会津球場で新潟と対戦する。午後1時開始予定。