ホープス痛い3連敗 エース高塩6回4失点 

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―富山】6回を投げ4失点の福島の先発高塩=福島ホープス西会津球場

 (11日・福島ホープス西会津球場)
 福島ホープスはホームで富山GRNサンダーバーズ(富山)と対戦、3―8で敗れた。通算成績は4勝3敗で、順位は東地区4チーム中2位に後退した。福島は次戦の15日、ビジターの群馬県・前橋総合運動公園市民球場で群馬ダイヤモンドペガサス(群馬)と対戦する。午後6時開始予定。
 
 「0点だと思います」。福島のエース高塩将樹は6回4失点の投球内容を厳しく自己採点した。初回の2死満塁のピンチこそ相手打者を三振に仕留めたが、二回の2死満塁では適時二塁打を打たれ3失点、三回にも追加点を許した。「チームが波に乗る前に点を取られてしまった。連敗を止めることもできなかった」と悔やんだ。

 ただ「心が落ち着いてきた」と四回からは立ち直る兆しをみせ、迎えた六回2死満塁。岩村明憲監督の「リセットしてバッターに集中しろ」との助言もあり、三振で切り抜けた。

 連敗からの脱出にはエースの存在が欠かせない。高塩は「味方が点を取るまではスコアボードにゼロを並べ続けたい」と次戦での雪辱を誓った。