猪狩が福島ファイヤーボンズ入り トライアウト合格

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島ファイヤーボンズを運営する福島スポーツエンタテインメントは13日、いわき市出身でポイントガードの猪狩渉(20)=中央台北中卒=と2016―17シーズンの選手契約が基本合意に達したと発表した。メディカルチェック後、正式契約する。

 猪狩は身長168センチ、体重72キロ。高校バスケ界の名門・能代工高(秋田県)を卒業後、バスケと勉学に励む若者を支援する「スラムダンク奨学金」の奨学生としてアメリカのスポーツ選手養成施設・IMGアカデミーに留学。7月1日に実施したチームトライアウトに参加し、合格した。

 猪狩は「福島出身選手として、福島の子どもたちに夢を与えられるよう全力プレーで頑張る」とコメントした。