複合・渡部剛弘、モーグル・遠藤尚ら強化指定選手選出

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 全日本スキー連盟は15日の理事会で、2016~17年シーズンの強化指定選手に、昨季のワールドカップ(W杯)ジャンプ女子で2季ぶり3度目の個人総合優勝を果たした高梨沙羅(クラレ)や44歳の葛西紀明(土屋ホーム)を選んだ。

 ノルディック複合は渡部暁斗(北野建設)渡部剛弘(ガリウム、猪苗代高卒)ら、アルペンは湯浅直樹(スポーツアルペンク)らが名を連ねた。本県関係では渡部剛のほか、モーグル男子の遠藤尚(忍建設、猪苗代高卒)、同女子の星野純子(リステル)、ジャンプ女子の五十嵐彩佳(下川商高、郡山市出身)らが選出された。