福島ホープスが連敗脱出 群馬に3-0、初回に岡下先制弾

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島ホープスは16日、ビジターの伊勢崎球場で群馬ダイヤモンドペガサス(群馬)と対戦、3―0で勝ち、連敗を4で止めた。通算成績は5勝4敗で、順位は東地区4チーム中2位に浮上した。

 福島は初回、群馬先発の南を捉えた。先頭の貴規が安打で出塁、1死からの二盗で先制の好機をつくると、岡下が左翼に本塁打を放ち2点を挙げた。8回には2死から貴規、笹平の連続安打で一、三塁としたが、後が続かず追加点を奪えないまま迎えた9回、2死一塁から代打宮之原の適時三塁打で1点を加えた。

 投げては江村、加藤、栗山の完封リレーで、群馬打線を4安打に抑えた。

 福島は次戦の17日、ビジターの鴻巣フラワースタジアムで武蔵ヒートベアーズ(埼玉)と対戦する。午後5時開始予定。