FC BLOOMが優勝 全日本女子フットサル・福島県大会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
7年ぶり3度目の優勝を果たしたFC BLOOM

 フットサルの第13回全日本女子選手権大会県大会は18日、郡山市の西部第2体育館でリーグ戦3試合が行われ、FC BLOOM(県北)が2戦全勝の勝ち点6で、7年ぶり3度目の優勝を果たした。FC BLOOMと準優勝のFURiA ROJA(県南)は9月18、19の両日、青森県で開かれる東北大会に出場する。

 3チームがリーグ戦で勝敗を競った。県サッカー協会の主催、同協会フットサル委員会の主管、福島民友新聞社の後援、県フットサル連盟の協力。