サモアキャンプ誘致へ いわき市、2019年ラグビーW杯で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 いわき市は2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ(W杯)で、サモア代表チームの事前キャンプ誘致を目指す。

 同市は20年東京五輪・パラリンピックで、サモアのホストタウンとして登録され、ウエイトリフティングや7人制ラグビーなどの事前キャンプ誘致に向けて同国大使館と協議中。それらと併せてラグビーW杯の事前キャンプ誘致も協議していく考え。

 キャンプは、大会期間中に滞在する公認キャンプと、大会期間前に滞在する事前キャンプに分類され、事前キャンプは自治体が参加国と直接交渉できるという。ラグビーW杯は岩手県釜石市など全国12都市で開催される。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る