福島ホープスが逆転勝ち 武蔵に3-2、『仕事人』貴規が会心打

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―武蔵】7回裏福島2死三塁、右前に勝ち越し打を放つ貴規=あづま球場

 福島ホープスは23日、ホームのあづま球場で武蔵ヒートベアーズと対戦、3―2で逆転勝ちした。通算成績は6勝6敗1分けで東地区4チーム中2位。福島は次戦の24日、ホームの同球場で群馬ダイヤモンドペガサス(群馬)と対戦する。午後1時開始予定。

 貴規、表情充実「貢献できた」

 じわりじわりと勝ち越しを狙う福島ホープスの鍵は"2番打者"貴規が握っていた。「勝ちにつながるヒットを打ててうれしい」。7回に勝ち越し打を放った仕事人は充実した表情を見せた。

 前の試合は4打数0安打。1番打者としてふがいない結果に終わり「いらだっていた」という貴規。試合後、岩村明憲監督に打順変更を告げられ、2番打者として臨んだこの試合。「気持ちを切り替えられた」と5回には同点犠飛、7回には勝ち越し打を放ち、指揮官をうならせた。

 7回は会心の一打だった。強いスイングを心掛けて打席に立ち「気持ちで打ちにいった」。2球目の直球を強打し、矢のような打球を右翼線に運んだ。勝ち越しに沸くベンチを見て小さくガッツポーズ。「ようやく貢献できた」

 「今日の勝ちは次につながる」と貴規。24日は約2週間前に復帰した兄由規(ヤクルト)も登板予定だ。「お互いに勝てたらうれしい」と次戦に照準を定めた。