福島ホープス、投打振るわず 群馬に2-5、高塩「ふがいない」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―群馬】7回表、群馬の八木に本塁打を許し左翼席を見詰める福島の高塩(右)=あづま球場

 福島ホープスは24日、ホームのあづま球場で群馬ダイヤモンドペガサス(群馬)と対戦、2―5で敗れた。通算成績は6勝7敗1分けで東地区4チーム中3位。福島は次戦の27日、ビジターの新潟県新発田市五十公野公園球場で新潟アルビレックスBC(新潟)と対戦する。午後6時開始予定。

 高塩ぼうぜん...3本塁打許す

 単独2位を目指した福島の戦いは3発の本塁打によって打ち砕かれた。「ふがいない」。3被弾のエース高塩将樹は自責の念に駆られた。

 「(連勝に向け)チームを勢いづけたかった」。意気込んだ初回は3人で打ち取る安定ぶりで調子の良さを実感した。しかし感覚とは裏腹に、群馬打線に5回までに2本塁打を許すなどテンポに乗れない展開が続いた。

 後半、リズムに乗りたい高塩だったが6回に四球と暴投で決勝点を献上。「悔やんでも悔やみきれない失点。高塩の課題だろう」と岩村明憲監督も厳しいひと言。7回にこの日3本目の本塁打を浴びると、背番号18は白球が弾んだ左翼席を力無く見詰めていた。

 1試合3被弾は野球人生で「記憶にない」と高塩。「投球内容を反省して、こういう試合もあったなと笑って終われるシーズンにしたい」。エースは悔しさを無駄にはしない。