福島ホープス、10点大勝 打線が爆発、新潟に勝利

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―新潟】3回表2死一、二塁、ボウカーの適時打で二走宮之原が生還。2-1とリード=新発田市五十公野公園球場

 (27日・新発田市五十公野公園球場ほか=2試合) 福島ホープスはビジターで新潟アルビレックスBC(新潟)と対戦、10―1で勝利した。通算成績は7勝7敗1分で東地区の2位に浮上した。

 初回に1点を失ったホープスは、2回1死三塁から生島の適時打で同点に追いつく。3回には1死から宮之原の右越打をきっかけに、岡下、ボウカーの連打など打線が爆発して4点を奪ってリード。5回1死一塁からは生島が今季1号となる2点本塁打を放った。7―1とリードして迎えた9回にもこの日好調な打線が追加点を奪う。岡下の右越三塁打やボウカー、小倉の連続二塁打などでさらに3点を加え、勝負を決めた。

 投手陣は先発大家が初回以降立ち直り、さらに継投で2回以降は新潟打線を無得点に抑えた。

 ホープスは次戦の28日、ホームの開成山球場で新潟アルビレックスBCと対戦する。午後6時開始予定。