福島県選手団堂々と入場行進 インターハイ総合開会式 

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
全国高校総合体育大会の総合開会式で入場行進する本県選手団=岡山市・ジップアリーナ岡山

 高校スポーツ夏の祭典、全国高校総合体育大会(インターハイ)は28日、皇太子さまを迎えて岡山市のジップアリーナ岡山で総合開会式が行われ、開幕した。「美しく咲け 君の笑顔と努力の華」をスローガンに、8月20日まで中国5県(岡山、鳥取、島根、広島、山口)と和歌山県で30競技が行われる。総合開会式には約4千人が参加。本県選手団からは本部役員や陸上、ソフトテニスの選手ら17人が堂々と入場行進した。

  ◆旗手氏家りりしく

 総合開会式で旗手を務めたソフトテニスの氏家日菜(田村3年)は、式の前に「福島県の代表として堂々と歩きたい」と話していた通り、りりしい表情で行進し、大役を果たした。  今大会ではソフトテニス団体に出場し、上位進出が期待されている。試合に向けて「今までやってきた成果や思いをしっかり出し切りたい」と力強く語った。

 ◆尚志2回戦敗退 サッカー

 競技はサッカー男子2回戦が広島県呉市の同市総合スポーツセンター陸上競技場などで行われ、本県代表の尚志は流通経済大柏(千葉県第1代表)に0―1で敗れた。