ホープス連勝、単独2位 序盤のリード守る

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―新潟】新潟打線を6回まで1失点と好投した福島の先発高橋元=開成山球場

 福島ホープスは28日、ホームで新潟アルビレックスBC(新潟)と対戦、3―1で2連勝を飾った。通算成績は8勝7敗1分で東地区の単独2位となった。福島は次戦の30日、同球場で信濃グランセローズ(長野)と対戦する。午後1時開始予定。

 福島ホープスは序盤に奪ったリードを守りきり、新潟を振り切った。

 福島は初回、宮之原、貴規の連続安打で無死一、二塁とすると、岡下の左中間への適時2塁打で先制した。続くボウカーの遊ゴロの間に3走貴規が生還し、加点。小倉が三振に倒れ、なおも2死三塁の好機に、生島が右前打を放って3点目を挙げ、新潟を突き放した。

 先発高橋元は6回を5安打に抑え、1失点と好投。ウルタド、加藤、栗山の継投で逃げ切った。