ホープス『猛打』の13得点 福井と対戦、13-2で快勝

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島―福井】6回裏、福島の生島が放った適時打で生還し、ナインとタッチを交わす貴規(左)=開成山球場

 (31日・開成山球場ほか=4試合) 福島ホープスはホームで福井ミラクルエレファンツ(福井)と対戦、13―2で快勝した。通算成績は10勝7敗1分で東地区の4チーム中2位。次戦は3日、ビジターの川崎市・読売ジャイアンツ球場で読売ジャイアンツ3軍と対戦する。午後1時開始予定。

 貴規、先制打で勢い

 初回に先制の適時二塁打、8回は本塁打でチームに勢いを付けた貴規。「序盤に点を取って勢いに乗るのが最近の勝ちパターン。試合展開を考え、先制点を意識して打席に入った」と明かす。体が自然に反応した低めの変化球は右中間に飛び、狙い通りの先制点になった。

 さらに6回、死球をもらったことで「次の打席は絶対に打つ」と闘志に火が付いた。8回、強めの直球を打ち返すと再び右中間に飛んだ。「右中間真っ二つの安打かと思ったら意外に伸びて」本塁打になった。

 猛暑日での試合が続くが「暑いほうが体がよく動いてバットが振れる」と貴規。真夏の連戦に向けて、頼もしい存在だ。