いわきFCが決勝へ 21日に福島Uと頂上決戦

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【いわきFC―福島大サッカー部】先制点を挙げ祝福を受けるいわきFCのFW片山〈7〉=十六沼公園サッカー場

 サッカーの第21回県選手権大会・第96回天皇杯全日本選手権県代表決定戦第9日は31日、福島市の十六沼公園サッカー場で準決勝1試合が行われた。Jリーグ参入を目指すいわきFC(県社会人リーグ2部)は福島大サッカー部を5―0で下し、決勝進出を決めた。

 いわきFCは前半、FW平岡やMF久永を中心にゴールを狙うが決定機を逃し、引いて守る福島大サッカー部のDFを攻略しきれず無得点で終わった。後半に入ると、素早いパス回しでスペースをつくり好機を演出し、後半9分にMF新井のミドルシュートのこぼれ球にFW片山が反応し先制。2分後にはCKをFW菊池が頭で押し込んだ。流れをつかんだいわきFCはその後も得点を重ね、5得点で振り切った。

 決勝は21日、会津若松市・あいづ陸上競技場で行われ、いわきFCは福島ユナイテッドFCと対戦する。午後1時開始予定。