日本全勝で首位通過 U15野球W杯1次リーグ最終戦

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【日本―コロンビア】2回裏日本2死一、二塁、勝ち越しとなる適時打を放つ田口=いわきグリーンスタジアム

 15歳以下の野球の世界大会「U―15ベースボールワールドカップ2016inいわき」第5日は2日、いわき市のいわきグリーンスタジアムなどで1次リーグ「オープニングラウンド」の最終戦が行われた。4戦全勝で、すでに2次リーグ「スーパーラウンド」進出を決めている日本は10―6でコロンビアを下し、白星で締めくくった。

 日本は1次リーグA組を5戦全勝の首位で通過。4日から行われる2次リーグ初戦でB組3位のベネズエラと対戦する。午後6時から同スタジアムで開始予定。

 日本は二回に先制を許したが、田口夢人(栃木県、栃木下野リトルシニア)の適時打などで直後に逆転に成功。三回に2点を追加、四回には相手の失策に乗じて5点を奪った。

 最終回にコロンビアに2点を挙げられたが、しのいだ。  2次リーグはA組とB組の上位各3チームで順位を争う。2次リーグで2位以上になれば決勝、3、4位になれば3位決定戦に進む。

 大会は、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の主催、全日本野球協会、日本野球連盟、読売新聞社、いわき市の共催・主管。