福島ホープス、群馬に競り勝つ 佐々木、突き放す2点本塁打

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【群馬―福島】7回表福島1死一、三塁、小倉が岡下をかえす中前打を放つ=群馬・前橋市民球場

 福島ホープスは7日、ビジターの前橋市民球場で群馬ダイヤモンドペガサス(群馬)と対戦し、9―8で接戦を制した。通算成績は12勝9敗1分けで、順位は東地区4チーム中2位。

 福島は先発高塩の立ち上がりが安定せず、初回2死一塁で2点本塁打を浴びて先制を許した。さらに3回、2点本塁打で追加点を奪われた。

 4点を追う福島は6回、小倉と生島の適時打で同点に追い付いた。7回に相手の悪送球と小倉の適時打で3点を追加し、8回は佐々木が2点本塁打を放って群馬を突き放した。

 8回裏に2点を返されたが、最終回に登板した栗山が三者三振に打ち取る好投を見せて逃げ切った。

 次戦は9日、ビジターの福井県営球場で福井ミラクルエレファンツ(福井)と対戦する。午後1時開始予定。