福島県選手団923人 東北総体、メイン会期は19日から

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県は12日、青森県で行われる第43回東北総合体育大会メイン会期の競技に出場する本県選手団を発表した。メイン会期は19日から3日間。本県選手団は西山尚利県体育協会副会長を団長に役員、監督、選手計923人。

 陸上の日本選手権100メートル障害で2位の安部遥香(福島大)、全国高校総体バドミントンシングルスで優勝した山沢直貴(富岡高)、仁平菜月(同)、ウエイトリフティングで国体2連覇の吉田真弘(いしかわリハビリテーションケアセンター)らに期待がかかる。

 結団式は17日に福島市のとうほう・みんなの文化センターで行われ、ライフル射撃の国分翔麻(日大東北高)が決意表明する。