福島ホープス、連勝止まる 群馬に3-6、リード許す展開

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【群馬―福島】2回裏無死二塁、福島の生島が意地の適時打を放つ=いわき市・南部スタジアム

 福島ホープスは12日、ホームの南部スタジアムで群馬ダイヤモンドペガサス(群馬)と対戦、3―6で敗れ、連勝が3で止まった。通算成績は14勝10敗1分けで、順位は変わらず東地区首位。

 福島は次戦の14日、ビジターの熊谷さくら運動公園球場で武蔵ヒートベアーズ(埼玉)と対戦する。午後6時開始予定。

 6番・生島、意地の打点

 「失点直後の攻撃で、何とか1点を取りたかった」。試合序盤、相手の本塁打で2点のリードを許す苦しい展開で、6番生島大輔が意地の打点を挙げた。

 失点直後の2回裏、5番小倉信之が四球と盗塁で得点圏に進んだ。生島は「好機を広げようとランナーの進塁を狙った」と、相手野手の動きを確認しながら右方向への打撃を意識した。

 初球からバントの構えを見せ相手野手を動かし、迎えた3球目、狙い通り相手一塁手がバントを警戒した不意を突いて右翼線に打球を放ち、打点につなげた。「やろうとしていたことができた打席だった」と振り返るが、首位争いが激化する中での敗戦に笑顔はない。「他力本願ではなく、自分たちで勝ちきらなければいけない」と生島は次戦に向けて気を引き締めた。