聖光学院が予選・グループ首位 アンダーアーマー杯サッカー

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【湯本―郡山商】白熱した攻防を繰り広げる選手=いわき市・いわきグリーンフィールド

 サッカーの「第10回アンダーアーマーチャレンジカップ2016」第1日は17日、いわき市のいわきグリーンフィールドなどで予選リーグが行われ、2勝した聖光学院高が勝ち点6でグループAのトップに立った。 世界的スポーツ用品メーカー「アンダーアーマー」(米国)の日本総代理店「ドーム」の主催。

 聖光学院、湯本、郡山商の県内の三つの高校を含む8校が出場。3日間にわたり4校ずつの予選リーグと、予選リーグの上位2校による決勝トーナメント、3、4位による下位トーナメントが行われる。

 聖光学院は明秀学園日立(茨城)を5―0、山形城北(山形)を5―1で下した。グループBは湯本が3―2で郡山商に競り勝った。湯本は東北(宮城)との試合も予定していたが、台風7号の影響で東北が出場できず、湯本に勝ち点2がつき、計勝ち点5とした。郡山商は浦和東(埼玉)に0―4で敗れ、勝ち点0。