福島ホープス、連敗ストップ 巨人3軍に6―1で快勝

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
2回裏福島2死満塁、2点適時打を放つ笹平=開成山球場

 福島ホープスはホームで巨人3軍を6―1で下し、連敗を2で止めた。通算成績は15勝11敗1分けで、順位は東地区首位。

 福島は次戦の19日、ホームの同球場で巨人3軍と対戦する。午後6時開始予定。

 攻守がかみあった福島が、巨人につけいる隙を与えなかった。

 福島は0―0で迎えた2回、ボウカー、小倉の連続安打や四球などで2死満塁とすると、笹平が右前に適時打を放ち2点を先制。岸本も適時打で続き、3点目を奪った。

 3回の1死三塁では小倉の適時打で加点、7回には貴規の適時三塁打などでさらに2点を加え、巨人を突き放した。

 先発大家は7回1失点と好投し、加藤、杉山の継投で逃げ切った。