猪苗代勢3人が4強入り 全国中体・バドミントン女子シングル

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
女子シングルス準々決勝を2―1で競り勝ち、準決勝進出を決めた猪苗代の千葉美采

 女子シングルスで猪苗代3年の染谷菜々美、内山智尋、千葉美采の3人が4強入り。斎藤亘監督は「この3人が表彰台に乗るのが目標だった。第1段階を突破してくれた」と顔をほころばせた。

 主将の染谷はミスの少なさが持ち味のラリー型。18日の団体戦も含め、試合は全てストレート勝ち。内山は切れ味鋭いスマッシュに定評がある。県大会決勝は染谷、東北大会決勝は内山が制し「仲間であり、ライバル」(斎藤監督)だ。

 千葉は3年生で唯一の本県出身者で、2―1の接戦を制して準決勝進出を決めた。次の相手は主将となるが、千葉は「全力でぶつかっていく」と意気込んだ。