アンダーアーマー杯野球、20日開幕 8チームが日本一争う

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 小学生の硬式野球日本一を決める「第7回全国小学生硬式野球交流大会アンダーアーマーカップ」は20日、いわき市のいわきグリーンスタジアムで開幕する。19日、同市で開会式が行われた。

 日本スポーツ振興会の主催、日本野球連盟の共催。いわきFCの親会社で、スポーツ用品メーカー「アンダーアーマー」(米国)の日本総代理店「ドーム」の特別協賛。

 大会は20、21の両日行われる。硬式野球リーグの本年度優勝チームに、開催地枠として出場するいわきリトルリーグ(いわき市)を加えた8チームがトーナメントで日本一の座を争う。

 開会式では、プロ野球西武のエースとして活躍した石井貴同振興会理事があいさつ、深瀬新市ドーム営業企画第2部長が激励した。中百舌鳥ボーイズ(大阪府、ボーイズリーグ)の小林康輔主将(6年)が「リーグの垣根を越え、日本一を目指して頑張りたい」と選手宣誓した。

 元西武監督の東尾修氏の発声で乾杯、選手が健闘を約束した。