猪苗代・染谷が粘って逆転優勝 全中体・バドミントン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ネット際で激しい攻防を繰り広げる染谷菜々美=金沢市総合体育館

 全国中学校体育大会第4日は20日、金沢市総合体育館などで行われ、バドミントン女子シングルスで染谷菜々美(猪苗代3年)が初制覇した。

 バドミントン女子シングルス決勝は、染谷が怒濤(どとう)の逆転劇で優勝を決めた。

 染谷はラリーを得意とする身長153センチの小柄な選手。一方、相手はパワーで押してくる長身の選手だった。第1セットは相手の力強いスマッシュに押され、ミスも目立った。

 しかし第2セットから「楽しみながら『足』で勝負していこう」と気持ちを切り替えた。「相手が嫌になるくらい長いラリーを続けようと思った。私にはパワーはないけど体力と足には自信がある」。鋭いスマッシュもカットも全て拾い、今度は相手のミスを誘った。

 粘り強い試合運びで、第2セット、最終セットは相手を大きく引き離した。