有吉選手、駒崎選手が活躍誓う パラリンピック・ボート代表

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
芳賀教育長と握手し活躍を誓う駒崎選手(右から2人目)。左はペアを組む有吉選手

 リオデジャネイロ・パラリンピックに向けて、喜多方市高郷町の県営荻野漕艇場で国内最終強化合宿をしていたボート日本代表は23日、合宿を終えた。

 有吉利枝、駒崎茂両選手が同日、市役所を訪れ、市や市民のもてなしに感謝するとともに本番での活躍を誓った。

 合宿中、両選手には市民からの差し入れや激励の言葉が寄せられたという。芳賀忠夫教育長は「力を存分に発揮してほしい」とエールを送り、駒崎選手は「最高のパフォーマンスをみせたい」、有吉選手は「良い結果が出せるよう頑張る」とそれぞれ決意を述べた。

 大会は9月7日に開幕する。有吉、駒崎両選手は男女混成2人乗りに出場する。競技は9日から始まる予定。