Bリーグ前哨戦・東北カップ9月9日開幕 6チームが意気込み

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
東北カップ開幕を前に、記者会見に臨んだ出場チームのHCら。右が福島の森山HC

 9月9日に会津若松市のあいづ総合体育館で開幕するプロバスケットボール男子、Bリーグの加盟チームによる「2016―17プレシーズン東北カップ」を前に、福島ファイヤーボンズなど出場6チームのヘッドコーチ(HC)が23日、郡山市で記者会見し、意気込みを語った。

 福島のほか、青森ワッツ、秋田ノーザンハピネッツ、岩手ビッグブルズ、仙台89ERS、山形ワイヴァンズのHCが出席した。主催者で福島の宮田英治社長が「レギュラーシーズンで観戦できない対戦もある。楽しんでもらえるよう盛り上げたい」、Bリーグの大河正明チェアマンが「Bリーグの前哨戦として各チームの戦いぶりに期待したい」とあいさつした。

 各HCが意気込みを語る中、福島の森山知広HCは「Bリーグ開幕、そして1部参入に弾みをつける大会にしたい」と述べ、村上慎也主将は「Bリーグを見にいきたい、と思われるようなプレーをする」と力を込めた。

 東北カップでは6チームがトーナメントで優勝を争う。前回覇者として臨む福島は10日の2回戦、仙台と青森の勝者と対戦する。午後3時開始予定。