渡辺・東野組が混合ダブルスV 全日本社会人バドミントン

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バドミントンの全日本社会人選手権最終日は7日、愛知県の一宮市総合体育館で行われ、本県関係は、男子ダブルスで遠藤大由(東京)・渡辺勇大組(東京、富岡高卒)、女子シングルスで鈴木温子(東京、いわき市生まれ)、ミックスダブルスで渡辺勇大・東野有紗組(東京、富岡高卒)が優勝を飾った。

 このほか、女子ダブルスの栗原文音(東京)・東野有紗(東京、富岡高卒)組はベスト4、男子ダブルスの保木卓朗・小林優吾組(富山、富岡高卒)、女子シングルスの川上紗恵奈(秋田、富岡高卒)はベスト8だった。