勿来が6-3で常磐を下し優勝 福島民友・スラッガー杯野球

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
優勝を飾った勿来少年野球教室

 第17回福島民友・スラッガー杯選抜少年野球交流大会は10日、いわき市の南部スタジアムで決勝が行われ、勿来少年野球教室(磐南)が6―3で常磐軟式野球スポーツ少年団(同)を下し、優勝を飾った。

 初回に勿来少年野球教室が2点を先制すると、常磐軟式野球スポ少はその裏と5回に得点を重ね逆転。1点差で迎えた最終回、勿来少年野球教室は一挙4点を加える猛攻で逆転、その裏の常磐軟式野球スポ少の反撃を抑え、頂点に輝いた。

 閉会式では、菅野芳美福島民友新聞社事業局長が「どちらが勝ってもおかしくなかった。大会で学んだことを次に生かしてほしい」と選手の健闘をたたえた。

 大会は福島民友新聞社と久保田運動具店の主催、Sports shop NINE9の共催、勿来少年野球教室スポーツ少年団保護者会、中央台リトルベアーズ軟式野球スポーツ少年団保護者会の主管、県、同市、福島中央テレビなどの後援、ナガセケンコーの協賛。