フリーブレイズ、今季初黒星 アイスホッケー・アジアリーグ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【フリーブレイズ―日本製紙】ゴールを狙うFWポープ(左)=テクノルアイスパーク八戸

 日本、韓国、中国、ロシアの9チームで争うアイスホッケーのアジアリーグは11日、各地で3試合が行われた。東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)は八戸市のテクノルアイスパーク八戸で日本製紙クレインズと対戦、1―3で今季初黒星を喫した。

 2点を追う展開となったフリーブレイズは最終第3ピリオド、FW篠原のゴールで1点を返した。終盤はパワープレーで追加点を狙ったが終了間際、失点を許し、力尽きた。次戦は16日、韓国のソンハクアイスリンクでデミョンキラーホエールズ(韓国)と対戦する。午後7時開始予定。