全国から強豪が集結! 18日に郡山で全日本東西対抗剣道

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 剣道の強豪が東軍と西軍に分かれて競う第62回全日本東西対抗剣道大会は18日午前9時から、郡山市総合体育館で開かれる。全日本剣道連盟の主催、福島民友新聞社などの後援。

 東日本大震災の復興支援大会として開かれる。全国から一流選手が集結し、男子の部は東西各35人、女子の部は各5人が対戦。両部門とも勝敗数で勝利を争う。県内からは男子の部に土屋勝教士8段、鈴木洋隆錬士7段、女子の部に岡田愛5段が出場する予定。入場無料。

 大会を主管する県剣道連盟の梅宮勇治会長は14日、大会PRのため福島民友新聞社を訪れた。梅宮会長は「日本中の強豪が戦う。会場で剣道の本当の面白さを味わってほしい」と話した。同連盟の安藤誠基副会長・事務局長、長谷川弘一理事長が一緒に訪れた。