男子・佐藤、女子・今泉V 民友杯グラウンド・ゴルフ大会

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
男子優勝の佐藤(右)と女子優勝の今泉

 第15回福島民友新聞社杯グラウンド・ゴルフ大会は15日、福島市の十六沼公園で開かれ、男子は佐藤信忠(小野町)が28打、女子は今泉艶子(須賀川)が31打で優勝した。

 福島民友新聞社、県グラウンド・ゴルフ協会の主催、同協会県北支部の主管、福島市、同市教委の後援。512人が出場し、16ホールストロークプレーによる男女別個人戦で争った。

 今泉と男子の及川洋(杉田)は8ホールでホールインワンを3回決めるダイヤモンド賞を達成。同協会によると、県大会で一度に2人が達成するのは珍しいという。

 開会式では福島民友新聞社の菅野芳美事業局長、県グラウンド・ゴルフ協会の堀泰治会長があいさつした。