ボンズ「1部昇格目標」 選手ら内堀知事に抱負語る

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
内堀知事に抱負を語った森山ヘッドコーチ(左)、(右から)村上キャプテン、宮田社長

 24日開幕するバスケットボール男子Bリーグ2部に参戦する福島ファイヤーボンズの選手らは20日、県庁を訪れ、内堀雅雄知事に「目標は1部昇格」とシーズンの抱負を語った。

 宮田英治社長、森山知広ヘッドコーチ(HC)、村上慎也キャプテンが訪問。森山HCは「ボンズができて3年。初心に帰り、福島にボンズありと言われるチームにしたい」と述べた。

 内堀知事は「今季にかける情熱を感じた。震災から6年目。県民と一緒に盛り上げていけたら最高だと思う」と激励した。

 Bリーグは1~3部あり、福島は2部東地区で計60試合を戦う。24日はアウェーの岩手県営体育館で岩手ビッグブルズ(岩手)と対戦。

 ホーム開幕戦は10月1日、郡山市の郡山総合体育館で山形ワイヴァンズ(山形)と戦う。