富岡高・仁平菜月、五輪8強破る バドミントン・ヨネックスOP

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バドミントンのヨネックス・オープン・ジャパン第2日は21日、東京体育館で各種目の1回戦が行われ、女子シングルスはリオデジャネイロ五輪銅メダルで世界ランキング3位の奥原希望(日本ユニシス)が同22位のヤエスフェルト(デンマーク)に2―0で快勝し、2回戦に進んだ。

 世界11位の山口茜(再春館製薬所)は2―0で香港選手を下し、高校3年の仁平菜月(富岡高)は2―1でリオデジャネイロ五輪8強のポルンティップ(タイ)に逆転勝ちした。大堀彩(トナミ運輸、富岡高卒)はオーストリア選手に勝ち2回戦に進んだ。