久保倉、女子400障害で4連覇 全日本実業団対抗陸上

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 陸上の全日本実業団対抗選手権第2日は24日、ヤンマースタジアム長居などで行われ、200メートルの男子はリオデジャネイロ五輪400メートルリレー銀メダルの飯塚翔太(ミズノ)が20秒57で初優勝した。同五輪代表の藤光謙司(ゼンリン)が20秒67で2位。女子は藤沢沙也加(セレスポ)が24秒12で初めて制した。

 400メートル障害もリオ五輪代表組が制し、女子は久保倉里美(新潟アルビレックス、福島大卒)が56秒72で4連覇、男子は野沢啓佑(ミズノ)が49秒21で昨年に続いて勝った。女子400メートルリレーは東邦銀行(紫村仁美、武石この実、青木沙弥佳、千葉麻美)が45秒08で優勝した。同400メートル障害では青木が2位、同200メートルは紫村が6位に入った。