富岡高卒・大堀、決勝進出ならず バドミントン・ヨネックスOP

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バドミントンのヨネックス・オープン・ジャパン第5日は24日、東京体育館で各種目の準決勝が行われ、女子ダブルスでリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は2―0で田中志穂、米元小春組(北都銀行)を下し、2年ぶりの決勝で、リオ五輪銀メダルのカミラ・リターユヒル、クリスティナ・ペデルセン組(デンマーク)と対戦することになった。

 女子シングルスで世界ランキング12位の山口茜(再春館製薬所)は同11位の孫瑜(中国)にストレート負け。大堀彩(トナミ運輸、富岡高卒)も何冰嬌(中国)に0―2で屈した。男子ダブルスの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)は韓国ペアに逆転負けし、男子の日本勢は姿を消した。