会津サントスと福島Uが決勝へ ろうきん杯・福島県ユースサッカー

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【FCレグノウァ―福島ユナイテッド】後半30分、チーム2点目となるヘディングシュートを放つ福島ユナイテッドのFW前川(左から2人目)=いわき市・新舞子フットボール場

 サッカーU―15(15歳以下)の第28回高円宮杯ユース選手権県大会を兼ねたろうきん杯争奪第27回県ユース選手権は24日、いわき市の新舞子フットボール場で準決勝2試合が行われ、会津サントスと福島ユナイテッドが決勝進出を決めた。

 決勝は10月1日午前10時30分から、鏡石町の鳥見山陸上競技場で行われる予定。県サッカー協会、東北労金県本部の主催、福島民友新聞社、福島中央テレビの共催。

 前川2点で勝利貢献

 「点を取って自分がチームを勝利に導くという気持ちで臨んだ」。福島ユナイテッドのFW前川龍之助は先制点を含む2点を決め、言葉通りチームの決勝進出に大きく貢献した。

 前半31分、味方が競り合ったボールが相手DFの背後に抜けた。「常にゴールを狙っていた」と、すかさず反応した前川。ドリブルで持ち込み、相手GKとの1対1の場面でシュートを冷静にゴールに流し込んだ。

 後半30分には右のCKから、得意とする打点の高いヘディングシュートでネットを揺らし、2点目とした。

 決勝は大会連覇と東北大会出場が懸かる。「全員が良いプレーをして優勝したい。絶対に点を取る」。福島ユナイテッドのストライカーが目を光らせた。