福島大と石巻専修大が同率で優勝決定戦へ 南東北大学野球・秋季

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 南東北大学野球連盟秋季リーグ戦は1、2の両日、いわき市のいわきグリーンスタジアムなどで最終戦となる1部4試合と2部1試合が行われた。1部は、優勝争いを繰り広げる福島大と石巻専修大がともに勝ち、8勝2敗の同率で並んだため、優勝決定戦が行われることとなった。

 優勝決定戦は8日、郡山市の日大工学部球場で行われる。東日本国際大が3位(7勝3敗)東北公益文科大が4位(4勝6敗)山形大が5位(3勝7敗)日大工学部が6位(10敗)だった。日大工学部は8、9の両日、同球場で行われる入れ替え戦で、2部で優勝した山形大工学部と対戦する。

 2部は1日に全日程が終了した。山形大工学部は6戦全勝で会津大が2位(3勝3敗)宮城大が3位(同)いわき明星大が4位(6敗)だった。