プロの部は牧野が優勝 ヴィクトリアゴルフグランドマスターズ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
プロの部で優勝した牧野裕

 往年のプロゴルファーらが集結した「ヴィクトリアゴルフグランドマスターズ2016 Powered by アンダーアーマー」最終日は2日、いわき市の五浦庭園カントリークラブ(6526ヤード、パー72)で引き続きプレーが行われ、プロの部は65で回った牧野裕(新昭和)が通算8アンダーの136で優勝した。

 日本プロゴルフ協会(PGA)会長の倉本昌弘(フリー)、県プロゴルフ会会長の橋本日都(ヴィクトリアゴルフ)は通算3アンダーの141でともに6位だった。

 ゼビオグループが主催する初のゴルフ大会。日本スポーツ振興会の共催、「アンダーアーマー」の日本総代理店ドームの特別協賛、PGAなどの後援。プロの部には29人が出場。36ホール・ストロークプレーで争った。

 アマチュアの部は最終日に18ホール・ストロークプレーで行われ、県内の50~75歳のシニアゴルファーと、中学生以下のジュニアゴルファーが出場。それぞれベストアマチュアを競った。蛭田みな美(学法石川高卒)ら女子プロ4人も参加した。