「福島県還暦軟式野球」8日開幕 22チームが民友旗懸け熱戦

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県内の58歳以上のシニア選手が民友旗を懸けて熱戦を繰り広げる「第15回民友旗争奪・県還暦軟式野球選手権大会」は8日、会津若松市のあいづ球場、門田多目的運動場(南)、同(北)、市営第2球場、小松原球場の5会場で開幕する。

 福島民友新聞社、県還暦軟式野球連盟の主催、県、県体育協会、会津若松市、同市教育委員会、同市体育協会、読売新聞東京本社、福島中央テレビ、会津野球連盟、会津若松野球協会の後援、ナガセケンコーの協賛、会津若松球友会の主管。

 県内の県還暦軟式野球連盟加入22チームが出場し、トーナメントで優勝を争う。8日に1、2回戦を行い、9日に3回戦と準決勝、10日に決勝を行う。