Wリーグ、白河で熱戦 トップリーグの攻防、会場沸かせる 

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【羽田―デンソー】華麗なプレーを見せる選手

 女子バスケットボールWリーグの公式戦「東日本大震災復興支援 第18回Wリーグ白河市大会」は14日、白河市中央体育館で行われた。羽田ヴィッキーズとデンソーアイリスが対戦し、デンソーが76―56で快勝した。

 同市で毎年開催されている「ご当地キャラこども夢フェスタinしらかわ」に羽田のマスコットキャラクター「ヴィッキーちゃん」が参加している縁で、羽田のホームゲームとして開催された。

 両チームの選手は国内トップリーグにふさわしい攻防を繰り広げ、会場を沸かせた。

 大会は15日までで、同日は午後3時から羽田―デンソーが行われる。試合に先立ち、エキシビションマッチとして地元小学生によるミニバスケットボール交流試合などが行われる。